プロテインダイエット

男性専用ダイエット塾〜女人禁制!!

MENU

人気閲覧ページ ランキング

プロテインダイエット

男性 プロテインダイエット

 

筋肉をつけるために飲まれているプロテインが、
実は男性のダイエットにも活用できることを、ご存知でしたか?

 

女性の間でもプロテインダイエットが流行っていますが、
マッチョを維持したまま痩せたい男性にも、
とてもおすすめなんです!

 

プロテインダイエットのメリットや、
プロテインを活用したダイエットのやり方を紹介します。

 

 

プロテインで痩せる理由

 

「プロテインを飲むと、むしろ太りそう・・・」

 

確かにプロテインの飲み過ぎは、
糖質やカロリーの過剰につながり、
太る一因にもなり得ます。

 

ですが、プロテインも飲み過ぎなければ、
以下のようなメリットがあります。

 

 

筋肉が増えて、基礎代謝アップ!

 

まず、脂肪を燃焼させるためには、
エネルギーを消費する筋肉が必要
です。

 

ところが、ダイエットのために運動や食事制限をしていると、
筋肉の修復が追いつかず、脂肪の前に筋肉量が落ちてしまいます。

 

そして、ダイエットを始める前よりも痩せにくい体になり、
逆効果となってしまうのです。

 

それを予防し、痩せるための筋肉づくりをサポートするのが、
プロテインの役割です。
筋肉量がありタンパク質を多く必要とする男性にとって、
ダイエット中はマストアイテムと言っても良いでしょう。

 

昔より基礎代謝が落ちてしまっている中年男性でも、
プロテインと筋トレで筋肉増強をすれば、
ダイエットの効率がグンと上がります。

 

 

低カロリーで腹持ちが良い

 

プロテインは肉や乳製品よりも低カロリーで、
かつ少量で腹持ちを良くするメリットがあります。
栄養が不足しやすい食事制限中は、
プロテインが低カロリーのタンパク源として重宝します。

 

食事量に物足りなさを感じたり、
空腹感に負けそうな時は、
プロテインを1杯飲むだけで落ち着きます。

 

 

置き換えダイエットに活用!

男性 ダイエット プロテイン

 

では、プロテインをどうやってダイエットに取り入れるか、
その具体的な方法を説明していきます。

 

基本は、女性に人気のプロテインダイエットと同様に、
朝・昼・夕のいずれかの食事を、
プロテインに置き換える
だけです。

 

プロテイン置き換えダイエットは、
次の3つのポイントに従って実践しましょう。

 

 

プロテインの選び方

 

プロテインには、以下の3種類があります。

 

 

@ホエイプロテイン

牛乳に含まれるタンパク質の20%を構成する、
「ホエイ(乳清)」由来のプロテインです。
消化吸収のスピードが早く、
筋トレ前後に使用されることが多いです。

 

Aカゼインプロテイン

牛乳に含まれるタンパク質の80%を構成する、
「カゼイン」由来のプロテインです。
ホエイよりも消化吸収のスピードが遅く、
寝る前や運動をしない日のタンパク質補給に向いています。

 

Bソイプロテイン

大豆のタンパク質由来のプロテインです。
カゼインプロテインと同様にゆっくり消化吸収され、
満腹感を得られやすいです。
大豆イソフラボンによる健康効果も得られます。

 

 

この中で、特に低カロリーかつ脂肪がつきにくいのは、
ソイプロテインです。

 

ボディビル目的なら、筋肉がつきやすいホエイでなければ、
物足りなく感じられますが、
ダイエット目的なら男性でもソイプロテインで十分です。

 

また、ホエイプロテインやカゼイプロテインだと、
日本人の体質に合わずお腹を壊しやすいので、
その点からもまずはソイプロテインを試すのがおすすめです。

 

 

置き換えのタイミングと摂取量

置き換えのタイミングはいつがベストなのか、
また、摂取量の目安はどのくらいなのかを説明します。

 

タイミング

一般的に、最も高カロリーの食事になりやすい、
夕食に置き換えるのが一番おすすめです。

 

もちろん人によって食事のスタイルは異なるので、
朝や昼にも沢山食べる人は、
それらのタイミングで置き換えても大丈夫です。

 

夕食が一番おすすめの理由は、
夕食後はそれほどエネルギーを必要とせず、
プロテインだけ飲んでも活動に支障が起きにくいからです。

 

日中の活動のために、朝昼はしっかり食べて、
夜はプロテインだけ、
というやり方が一番無理がないです。

 

一食丸ごと置き換えるのに抵抗があれば、
まずは食事の前にプロテインを飲んで、
食事量を抑えるやり方でも良いです。

 

摂取量の目安

筋肉をつけながら痩せたい場合、
体重1kgあたり1〜2gを限度にプロテインを摂りましょう。

 

一度に摂りすぎても太りやすくなるので、
1回分は、20〜25gに抑えましょう。

 

 

実践期間の目安

 

置き換えダイエットに初めて挑戦する場合、
1日2食以上の置き換えを何ヶ月も続ける目標を掲げたら、
うまくいかない日もあってストレスになってしまいます。

 

そこで、まずは1日1食の置き換えを、
1ヶ月間だけ継続
してみましょう。

 

1ヶ月以上経つ頃には、
プロテインを飲むのが自然に習慣になっています。

 

1日1食は無理なく置き換えられてきたら、
体調を見ながら1日2食以上置き換える日も、
徐々に増やしてみましょう。

 

基本は1日1食置き換えのルールを実践し続ければ、
目安として2〜3ヶ月で約3キロ前後落ちる人が多いです。
プロテインダイエットに成功している人には、
1ヶ月以上、夕食を置き換えている人が多いです。

 

 

プロテインダイエットの注意点

男性 ダイエット プロテイン

 

プロテインダイエットで体調を崩したり、
途中挫折しないために、必ず以下の注意点を守って下さい。

 

 

基本は水で割って飲む

 

脂肪分の多い牛乳や、砂糖の多いジュースで割ると、
カロリーが高くなり、かえって太る可能性があります。

 

 

過剰に摂りすぎない

 

プロテインの飲み過ぎによるタンパク質過剰は、
高血糖や肝臓への負担につながります。
最悪、健康を害する恐れもあるので、
体重1キロあたり1〜2g以上を超える摂取は避けましょう。

 

 

いきなり全食置き換えない

 

いきなり全食置き換える日が続くと、
タンパク質以外の栄養が不足し、
リバウンドしたり体を壊す恐れがあります。

 

それに、全食プロテインにすると、
先に述べたタンパク質過剰になりやすいです。

 

全食置き換えは1〜2週間に1回程度にするなど、
無理のない範囲で実践しましょう。



 

 

12週間で平均皮下脂肪13cu、内臓脂肪8cu減少!

※97名の臨床試験(1日栄養摂取2000kcal、歩数9000歩程度と併用)結果

 

新規原稿追加の為

人気の理由

  • 初回料金がたったの980円とリーズナブル
  • 2ヶ月目以降も1日93円で続けやすい
  • 臨床試験で科学的根拠を検証済みの「機能性表示食品」
  • 97名が参加した臨床試験では、脂肪が平均20cu減少(※ダイエットと併せて実施)
  • 葛の花のイソフラボンが脂肪の合成抑制・分解・燃焼をサポート
  • 私の友人ゆうたろうさんもシボヘールで体重「5.0kg」、ウエスト「9.5cm」減少!
    ゆうたろうさんのダイエット体験談

 

>> 自分も脂肪を減らして、カッコいいカラダを手に入れる