低炭水化物ダイエット

男性専用ダイエット塾〜女人禁制!!

MENU

人気閲覧ページ ランキング

低炭水化物ダイエット

ダイエット 低炭水化物

 

低炭水化物ダイエット(ローカーボダイエット)とは、
ご飯やパンなど炭水化物の摂取を減らして、
代わりに脂肪やたんぱく源を肉や魚から補うというものです。

 

ダイエットには糖質制限も必要ですが、
甘いものを控えるだけでは不十分なことがあります。
ご飯やパンなどの穀類から分解されるブドウ糖も血糖値を上げてしまうため、
注意しなければなりません。

 

 

特に男性は低炭水化物ダイエットで成功しやすい傾向にあります。
炭水化物を減らすとまず内臓脂肪が減っていくので、
メタボでお悩みの男性は特に、すぐに効果が出やすいのです。

 

 

おすすめの食品

低炭水化物ダイエットで選ぶ食品は、血糖値の上がるスピードを表す
「GI(グリセミックインデックス)値」から判断します。
目安としてGI値が60以下の食品を選んでいきましょう。

 

ダイエット 玄米

 

主食はGI値の低い玄米や全粒粉パンがおすすめです。
GI値の低い食品は消化されにくく腹持ちがいいので、食べすぎを防ぐこともできます。

 

 

おかずの内容にも注意

おかずに使われる肉や野菜などの食材は大体GI値が60以下なので
大きな心配はいりませんが、主食と合わせると
必要以上に摂取している可能性があるので、一応気を付けておきましょう。

 

 

低炭水化物ダイエットで注意しておきたいのは、
タンパク源として肉や魚などの動物性蛋白質に頼りすぎると、
生活習慣病やガン、糖尿病のリスクが高まることです。

 

タンパク源としては大豆などの植物性蛋白質を中心に摂取するようにしましょう。



 

 

12週間で平均皮下脂肪13cu、内臓脂肪8cu減少!

※97名の臨床試験(1日栄養摂取2000kcal、歩数9000歩程度と併用)結果

 

新規原稿追加の為

人気の理由

  • 初回料金がたったの980円とリーズナブル
  • 2ヶ月目以降も1日93円で続けやすい
  • 臨床試験で科学的根拠を検証済みの「機能性表示食品」
  • 97名が参加した臨床試験では、脂肪が平均20cu減少(※ダイエットと併せて実施)
  • 葛の花のイソフラボンが脂肪の合成抑制・分解・燃焼をサポート
  • 私の友人ゆうたろうさんもシボヘールで体重「5.0kg」、ウエスト「9.5cm」減少!
    ゆうたろうさんのダイエット体験談

 

>> 自分も脂肪を減らして、カッコいいカラダを手に入れる